Copy
View this email in your browser
『共に行動すること』

オノ・ヨーコ&リクリット・ティラバーニャ 

2016年11月24日(木)〜12月25日(木)
パフォーマンス:小林勇輝、仁田晶凱、イェン・ノー、山岡さ希子
キュレーション:アサクサ  


アサクサは、オノ・ヨーコとリクリット・ティラバーニャによる二人展『共に行動すること』の会期中に、下記の通りパフォーマンスを実施いたします。 みなさまのお越しをお待ちしております。

*****
YEN NOH
Soybean-sprout Invitation to: “Acting Together” with SAKIKO YAMAOKA
イェン・ノー | 『共に行動すること』へのもやし招待、山岡さ希子とともに


12/10 Sat. 17:00 - 19:00

“What is work? What is this curious unity which we designate as work? Of what elements is it composed? Is it not what an author has written?”
「作品とは何か?私たちが作品と呼ぶこの興味深い結合体は何か?何がそれを構成しているのか?それは作者によって書かれたものではないのか?」

As a tribute performance to the exhibition “Acting Together” at Asakusa, I have sent a “Soybean-sprout invitation” to artist Sakiko Yamaoka, proposing acting together to her. This invitation is re-translated into the “Soybean-sprout invitation” to the public. The gesture of inviting itself becomes an event, connecting myself, Sakiko and the audience—whether they come to the space or not, whether they receive the invitation personally or through a network—as a curious gathering. Yet, it does not have a goal to build any human relations. Instead, I am interested in claiming the authorship, action of togetherness in art or the definitions of art, finally the temporality, as it provides an opportunity to blur time and space - important elements to define the ‘curious unity’ as an art work. This binary invitation confronts the temporality which implies an act of a tribute already. We—Sakiko and I—agreed mutually to look for such a thing like a soybean sprout—so simple and banal, thus,  interesting—in order to end up touching down on it by “Acting Together”.

本展へのトリビュート・パフォーマンスとして、私はアーティストの山岡さ希子さんに「もやし招待状」を送り、共に行動することを提案しました。この招待状はまた、公共に差し出され再翻訳されていきます。人々を招き入れるジェスチャーが、(みなさんが実際にこの場にいらっしゃるかどうか、個人的、またはネットワークを介して招かれたのかにかかわらず)さ希子と私とオーディエンスという、ある好奇心に引き寄せられた集団となって、出来事を構成するのです。とはいえ、私の目的は人間関係を築くということではありません。そうではなく、アートにおいて共に行為すること、アートの定義と一時性について、そしてこの行為における作家性のありかを主張することなのです。なぜならこのバイナリーな招待状は、ある「興味深い結合体」であるアート作品を構成する重要な要素、時間と空間の境界をあいまいにする機会となるからです。これが過去への贈り物(トリビュート)であることが含意しているように、それは作品の一時性に挑戦するものなのです。さ希子と私は、もやしのような、ちっぽけでありふれていて、そして興味深いものを探し、「共に行動すること」によってそれを見出すことに同意したのです。

*****
YUKI KOBAYASHI 
Policy until Christmas 
小林勇輝 | クリスマスまでの政策


The body knows fear and the action really does it.
身体は恐れを知っているそして行動はそれを現実にする。

12/11 Sun. 17:00 - 18:00 
“Holding Wings” (living object in the gallery)
Right Breast (front), Left Breast (behind), vice versa 
右胸が表、左胸が裏、逆も同じ 

12/17 Sat. 17:00 - 18:30 
“Ping-Pong-Frag” (living object in the gallery) 
Sound of the nationalism 
国家主義の音

12/24 Sat. 19:00 - 20:00 
“Blind Elephant, Earth” (living object in the gallery)
Breath of the uncertain world 
不確かな世界の呼吸

12/25 Sun. 00:00 - 24:00
“Merry Christmas”  (living object on the earth) 
Remember love to a human being 
人間への愛を思い出す

*****
AKIYOSHI NITA
The Passway Has Been Installed Within the Structure
仁田晶凱 | することはもう構成の中に


12/11 Sun. 18:00 - 19:00
12/18 Sun. 17:00 - 19:00
12/24 Sat.  18:00 - 19:00

I challenge the state of the body, and the space which changes our stance when we are on the stage and perform. Will it be possible to perform in the usual and natural way just as we get up in the morning, or while still in bed? That is how I started this work. It depends only on the structure of 30 minutes, where I just try to stay naturally. Even if anything decisive comes to my mind, I want to ignore it as much as possible. It is difficult to keep a natural state of the body in life, but it seems that this is what many people are seeking. There is no secret in these thirty minutes. What is there is only a consciousness trying to keep you normally and a human, irresistible to change in front of the public.

パフォーマンスをすることでいつもと変わってしまう体の状態やその場のあり方に疑問を感じます。朝起きてまだベッドにいるような、いつもの自然な状態でパフォーマンスをすることができるだろうか。それがこの作品を始めたきっかけです。30分のストラクチャーだけに頼り、あとはただ自然にいようとするだけです。何も決めてないし決まっていてもできるだけ無視します。自然にいる状態を保つことは難しいですが、いま多くの人がそれを求めているような気がします。この30分に何も秘密はありません。あるのは普通にいようとする意識とそれでも人前で変わってしまう一人の人間だけです。



Yen Noh is currently in Japan for:
ARCUS Project 2016 IBARAKI|Artist-In-Residence Program


開廊時間
木曜日 19:00-22:00 
土曜日/日曜日 12:00 - 19:00

お問い合わせ先
 050-5532-3237
info@asakusa-o.com
Share
Tweet
Forward
Copyright © 2016 Asakusa. All rights reserved.


Want to change how you receive these emails?
You can update your preferences or unsubscribe from this list

Email Marketing Powered by Mailchimp